• 誕生日
  • ウェディング
  • ギフト
  • スイーツ
  • ショップ

ギフト

Gift/ギフト
贈る人の笑顔、贈られる人の笑顔が見たいから気持ちを込めて。

スイーツ

Sweets/スイーツ
フェアリーテールの心のこもった、厳選スイーツラインアップ。

誕生日

Birthday/バースデー
大事な人の誕生日には心のこもったバースデーケーキを。

フェアリー・テールはプレミアムクリーム

皆様ケーキを食べたとき感じたことありませんか?
「こってりべったり」がいつまでも口に残る生クリーム、そして口に含むと「スッ」と溶けてなくなる生クリームの2つの食感…。
フェアリーテールの生クリームは、口に含むと「スッ」と溶け、後味の旨みだけが残る「動物性乳脂肪 プレミアムクリーム」を
使用しております。

1.生クリームとは?

生クリームは、乳脂肪「商品表示:クリーム(乳製品)」と植物性脂肪 「商品表示:乳等を主原料とする食品」の2種類にわかれます。

生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し牛乳13本から1本分のフレッシュクリームが作られる。
添加物は一切含まれない。色が薄黄色


主な成分は「ヤシ油・パーム油・なたね油」が多い乳化剤、安定剤等の「添加物」を加えたもの一般に動物性のクリームの半額から3分の1の金額で販売されている。


フェアリーテールでは厳選した動物性乳脂肪を使用しております。

2.味の違いはここにあります!

 

風味とコク!
とろける風味、ミルクの甘い香り、まろやかなコク、口に含んだ時に広がる深い旨み


風味のない味
乳成分は加えていますが、牛乳から作られてはいないので風味はありません。添加物、植物性油脂をカバーする「香料」による風味。

3.口溶けの違い!

 

乳脂肪の口溶け、「スッ」となくなる口溶け熱に敏感に反応。10℃から溶け始めるため、体温の温度で完全に液体化する。

「こってりべったり」口に残る
植物性のクリームは動物性に比べると溶けずらい。そのため口の中に「こってりべったり」が残ります。

生クリーム応用編

カスタードやムースに混ぜる生クリームは乳脂肪?

こだわりパティスリーはここが違う!

ショートケーキにこだわっているお店であれば、乳脂肪の生クリームを使っている場合が多いですね。そしてカスタードにバニラビーンズを使用するのはこだわりパティスリーであれば必須なことです。ムース等軽い風合いを出したいときは乳脂肪分35%前後のクリームを当店では使用しています。

ショートケーキの生クリームにこだわらないお店がムースやカスタードの合わせ物のクリームにこだわるでしょうか?
見た目に騙されない知識が必要だと考えます。